Rails5.2.0(Beta)のインストール

先日、Railsの5.2のBeta版がリリースされていたのでインストールを実施します。

Rails5.2での新機能としては以下などが追加されています。

  • 「Active Storage」というファイルアップロード系の新機能が追加され、「Amazon S3」や「Google Cloud Storage」や「Microsoft Azure Cloud File Storage(Blob)」へのアップロードをCarrierwaveなどのサードパーティ制のGemを使わなくても実装できるようになった。
  • Redisがキャッシュストアとして加わった
  • PostgreSQLでの新機能(operator classesやvalidationなしの外部キー作成)

他にもRailsアプリケーションの起動時間を短縮する「Bootsnap」がGemfileに含まれたり、「HTTP/2 Early Hints」というWeb高速化のヘッダリクエストなどの機能が追加されています。 詳しくはこちらでの記載を確認ください。

公式サイト

Ruby on Rails 5.2の新機能(Active Storage, Content Security Policyなど)

以下でインストールを進めていきます。

今回はrbenvを使ったインストールになります。

ここで一旦、ターミナルからログアウトし、再度ログインします。

バージョンを確認してrubyの最新版をインストールします。

今回はrubyの「2.4.2」をインストールしました。

次にインストール可能なRailsの種類を確認します。(開発版を含む)

「5.2.0.beta2」というバージョンがあったのでそちらのインストールを行います。

今回は検証のため、グローバル環境にBetaのRailsを入れていますが、複数環境のRailsバージョンを入れる場合はGemfileなどを作り、ローカル環境に入れる方が良いかもしれません。