SublimeText3でリモートのサーバ上にあるファイルを開いたり編集したりする

SublimeText3でリモートのサーバ上にあるファイルを開いたり編集したりする方法です。

rsubではディレクトリ単位を開けないので、ちょっとしたバッチを作ったりの時に便利です。

ディレクトリ単位の編集を行いたい時にはSFTPを利用します。

今回の環境は以下で実施しています。

ローカル MAC PC
リモートサーバ XXX.XXX.XXX.XXX
リモートサーバのsshポート 22222
リモートサーバのユーザ名 sample-user

 

ローカル環境のSublimeText3にrsubのプラグインを入れる

以下の流れでローカル環境のSublimeText3にrsubのプラグインを入れます。

  1. まず、SublimeText3を起動した状態で「基本設定」→「Package Control」を選択。
  2. Install Packageを選択します。
  3. そこで「rsub」と入力しインストールを実施します。

 

リモートサーバにrsubをインストール

リモートサーバの「XXX.XXX.XXX.XXX」にログインします。

以下のコマンドでインストールを実施します。

 

ローカル環境のsshの設定を編集

sshの環境設定を行います。

「.ssh/config」を編集して設定ファイルを変更します。

rsubのデフォルトポートの「52698」を設定しています。

複数の人が同時に使用する場合はポートを分けてください。

firewallコマンドなどでポートの変更をする必要もあります。

設定的には上記で完了です。

 

リモートサーバのファイルを編集してみる

まず、sshでリモートサーバにログインしてからコマンドでリモートのファイルを編集するコマンドをうつとローカルのSublimeText3が開きます。

リモートサーバにsshでログインします。

 

次にリモートサーバ上で、rsubコマンドでファイルを編集します。

 

これでローカルのSublimeText3が開けば成功です。

尚、接続を切る場合はSublimeText3のファイルを全て閉じないと接続が切れません。