Firefoxの「RESTClient」からPOSTの値の送信

APIやフォームのクライアントからの接続の試験で使える「RESTClient」。

Firefoxのプラグインであるのでこちらの使い方です。

POSTの値の送信の仕方をよく忘れるのでその方法となります。

 

Firefoxの「RESTClient」からPOSTの値の送信

まず、メニューの「Headers」から「Custom Header」を選択します。

Nameを「Content-Type」。
Attribute Valueを「application/x-www-form-urlencoded」として設定します。

「Favorite header」にチェックをつけておくと良いでしょう。

 

Requestとしては「Headers」に先ほどの設定が入った状態で。

MethodはPOSTを選択します。
URLはフォームやAPIのURLを入力します。
Bodyでは引数の値を「query=tesstvalue&option=1」のように入力します。

こちらで「SEND」を押すとリクエストが送信されます。

 

Responsseの「Headers」、「Response」、「Preview」のタグで結果の確認ができます。

レスポンスの内容は「Response」と「Preview」で確認できます。